禁断介護 森沢かな

禁断介護 森沢かな



結婚して三年、そろそろ子供が欲しい森沢夫妻。しかしなかなか子宝に恵まれずに悩んでいた。そんな折、かなはいつものように寝たきりの義父を介護していると、呆けた義父がまるで子供のように思え、おっぱいを吸わせてしまう。妙な快感を覚えてしまったかなは、それ以降も義父に対し「母性」を発揮してしまう。すると義父のマラはむくむくと膨れ上がり、今度はかなの性欲を刺激する。かなは自ら義父を自分の秘部に招き入れ、背徳感に襲われながらも腰を振ってしまうのだった・・・。

禁断介護 森沢かな

-- Delivered by Feed43 service