煩悩にまみれた尼僧

煩悩にまみれた尼僧



いとこの「健一」が寺に来て2年。彼は借金から逃れるために出家。その直後、父も他界し孤独となった。尼僧の「翠」は、もう何か月もまともな会話はしていない。「健一」は密かに尼に思いを募らせ、「翠」もまた、一人の女として体を持て余していた・・・

煩悩にまみれた尼僧

-- Delivered by Feed43 service