濡れそぼる、母の乳房を、見ていたら。 大町なつみ 四十歳

濡れそぼる、母の乳房を、見ていたら。 大町なつみ 四十歳



あの光景が脳裏に焼きついて離れてくれない。風呂場で母の奈津美と鉢合わせした時、大輔は偶然見てしまった奈津美の裸体にひと目で魅了されてしまった。柔らかくて触り心地がよさそうな肌、滑らかな曲線を描くボディライン、そして濡れそぼる乳房・・・。子供の頃はなんとも思っていなかった。だが大人になった今、母の裸体はこのうえなく情欲をそそり大輔は勃起を抑えられなくなってしまう。一方、奈津美もまた自分の体に熱い視線を送る我が子を男として意識しはじめて・・・。【特典映像「プレイバックセンビレ」は収録されておりません。予めご了承ください】

濡れそぼる、母の乳房を、見ていたら。 大町なつみ 四十歳

-- Delivered by Feed43 service