清楚な見た目で好きだった図書室の先生が、実は隠れビッチでした 三船かれん

清楚な見た目で好きだった図書室の先生が、実は隠れビッチでした 三船かれん



僕は図書室の先生、三船かれんに恋をしている。清潔感があって上品で、普段は大人の魅力を放っているが、本の事になると子供みたいに夢中で喋りだす。先生のそんな無邪気な一面が僕は大好きだ。お互いの好きな本について語り合っていると、僕らはカップルになれたらお似合いなんじゃないかと錯覚する時もある。しかし彼女は先生で僕は生徒。禁断の恋。放課後の図書室という2人だけの空間に毎日通えるだけで僕は幸せなんだ・・・。

清楚な見た目で好きだった図書室の先生が、実は隠れビッチでした 三船かれん

-- Delivered by Feed43 service