檻に飼われる若妻・結子【レンタル牝穴編】

檻に飼われる若妻・結子【レンタル牝穴編】



本映像はSM雑誌『マニア倶楽部』に投稿された作品をまとめたものです。【以下、投稿者・結子(仮名)さんより】現在結婚3年目、28歳の人妻です。私は子供の頃に受けたある男性へのトラウマから、処女のまま夫と結婚しました。オナニーもしたことがなく、セックスなど夫との間でだけ許される行為だと思ってきました。できるだけ性に関することを遠ざけて生きてきた私には何の知識もありませんでした。夫の要求する行為を、いつも素直に受け入れるのみでした。ただ・・・結婚してから気づいたのですが、夫はノーマルな性癖の人ではなかったのです。要求は徐々にエスカレートして、いつしか普通の夫婦生活ではなくなりました。そして今では、他の男性に奴隷として貸し出される日々を過ごしています。貸出調教の前夜は、裸で檻に閉じ込められ、いやらしい妄想でメス犬のように発情するよう命令されているのです・・・。シーン1-この頃になると、私ははっきりと痛みに快楽を覚えるようになっていました。私が寂しくないようにご主人様が置いていってくださった、洗濯バサミやパドルを使って、苦痛オナニーに耽るようになっていたのです。シーン2-洋服に着替え、調教の場であるホテルに向かいました。この日はご主人様の他に三人の男性が私を待っていました。鼻フックで豚のような顔にされ、興奮した見知らぬ男性に鼻の穴の中まで舐められました。ご主人様にリードを引かれ、四つん這いになって部屋の中をお散歩しました。ヨダレをいっぱい垂らして床を汚してしまったので、お尻をいっぱいぶたれました。シーン3-電マでさんざん快楽責めをされた後、透明なクスコでおまんこの中までじっくり観察していただきました。これほど屈辱的な凌辱をされたというのに、私は興奮のあまりいつも以上の嬌声を上げてしまったのです。シーン4-ホテルの浴室で二本のおちんぽの味比べをさせていただきました。喉の奥で味合うのが奴隷の作法だと躾けられてきたので、私は根元までおしゃぶりしてご奉仕しました。もちろん白い液も全てお口の中に出していただきました。その後は浴槽に沈められ、奴隷には呼吸をする自由さえないのだと、骨の髄までたたき込まれたのです・・・。シーン5-お尻が真っ赤に腫れ上がるまでスパンキングをしていただきました。叩かれれば叩かれるほど、なんだか心がせつなくなって、男の人に甘えたい気持ちが湧き上がってくるのです。シーン6-縄で体の自由を拘束され、平手、ムチ、パドルで全身を打たれました。恐怖に体が震え、痛みに涙がこぼれました。ツラくてしょうがないのに、なぜか心の中では「もっとして・・・・・・もっと私をメチャクチャにしてほしい」と願ってしまっている私がいるのです。

檻に飼われる若妻・結子【レンタル牝穴編】

-- Delivered by Feed43 service