彼女(キミ)が父親に犯されて、開発されて行く姿を僕はただ見つめる事しか出来なかった。 前乃菜々

彼女(キミ)が父親に犯されて、開発されて行く姿を僕はただ見つめる事しか出来なかった。 前乃菜々



キミが見せていた笑顔も、少し悪戯にはにかむ姿も、からかう様な仕草でさえも、全て嘘だった。もしも、この事実を知らなければずっと幸せだったかもしれないのに。アイツに犯●れている時にだけ見せるキミの恍惚な表情と従順なメスの姿・・・とても悲しくて憎いはずなのにボクはなぜこんなにも興奮しているのだろうか!?

彼女(キミ)が父親に犯されて、開発されて行く姿を僕はただ見つめる事しか出来なかった。 前乃菜々

-- Delivered by Feed43 service