大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした。 泉りおん

大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした。 泉りおん



家に戻ると肉棒をギンギンに硬くして待ち構えている義父。娘の鼻腔に汗臭い肉棒を押し付け首四の字イラマで口元を唾液まみれにさせ、執拗なクンニの後に避妊具も付けずに膣奥に深く肉棒を沈める。娘の嫌がる顔を見れば見るほど腰の動きが激しくなり、その白い柔肌を卑猥に舐めながら全力で膣奥を突き、大量の白濁精液を注ぐのだった。義父のこの鬼畜な行為は日々行われ、娘は咽び泣くしかないのだった。

大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした。 泉りおん

-- Delivered by Feed43 service