かなめ 6

かなめ 6



上品な令嬢という雰囲気で現れた〈かなめ〉。美しさも増している。しかしどれほど魅力的になっても、主の飼育下でないと本当の自分でいられないマゾ牝だった。尻穴を責められることで溢れだしたペニ潮を、自らの唇で後始末するという恥辱の行為が、調教牝である〈かなめ〉の悦びなのだ。

かなめ 6

-- Delivered by Feed43 service